リビングに座っている女性

楽しい宴会のために必要

これまでピンクコンパニオンがいる宴会に参加したことがある男性は、いかに過激なサービスを受けることが出来るかは理解をしているでしょう。どれだけ過激なリクエストをしてもピンクコンパニオンは出来るだけ応えてくれます。そして宴会を必ず盛り上げてくれるんです。ですが、ピンクコンパニオンは何でもするという訳ではありません。越えてはいけないラインというものがあります。それはしっかりと頭に入れておきましょう。それを越えてしまうと、ピンクコンパニオンを不快にさせるだけなく宴会そのものが台無しになってしまう可能性があるんです。
まず基本的にピンクコンパニオンは風俗嬢ではないということを理解しておきましょう。確かに過激なサービスを提供はしてくれます。ですが、これはあくまで宴会を盛り上げるためにやっていることです。一人の男性の性欲を解消するといった目的ではありません。ですから、下半身を露出したり、射精へ導くサービスを強要するようなことは絶対にやってはいけません。しつこくするようであればそれ以上の利用が困難になるでしょう。
また、ピンクコンパニオンにお酒の一気飲みをさせるといった行為も絶対にしてはいけません。ピンクコンパニオンによってはかなりお酒飲む人もいるでしょう。だからといって無理に飲ませるようなことは禁止です。もしそれで体調を崩すようなことがあれば大きな問題となってしまいます。お酒を飲む量は女性に任せておくようにしましょう。
またピンクコンパニオンにプライベートな質問ばかりをするのもご法度です。ピンクコンパニオンは仕事とプライベートを分けています。仕事中にそういった質問をすることで不快な思いをさせることになります。
以上のようにピンクコンパニオンを利用するときは気を付けておくべきことが多くあります。どれも基本的なことですので、しっかりと頭に入れておきましょう。